切れ痔や裂け痔ってどんなもの?

 

肛門の外傷みたいなもの。固いウンチが肛門から出る時に肛門上皮が切れて避けて激しく痛んだり、あとは出血したりする痔のことをいいます。裂肛(れっこう)とも。

 

切れ痔、裂け時の最大の原因は便秘。

固いウンチをお腹に力を入れて無理やり出そうとした時に起こります。

また、便秘とは逆に下痢のときにもなりやすいです。これは、肛門粘膜に浸透して炎症を起こして粘膜を弱くしてしまい、それで避けやすくなります。そのうえで下痢便が通る時に、こすられて切れやすくなるということなんです。

 

肛門上皮の部分が切れやすく、切れ痔、裂け痔になりやすいです。弾力性がおもったほどなくて、血液がそんなに流れていないということもあって、ちょっとしたことで切れやすいところなのです。

切れ痔、裂け時は男性よりも女性が多いとされています。

それは便秘もそうなのですが、出産のときにもいきんでしまうことが原因とされています。

 

便秘の時は特に水分が抜けたウンチが無理やりに肛門を通っていくので、肛門上皮が避けててしまって、ピリッとした痛みが走るのです。

便秘ではなくて、万世の下痢症になってしまうと、今度は肛門上皮が常時、水溶性のウンチにさらされることになって、炎症を起こしやすくなります。それによって、切れ痔、裂け痔になってしまうということなんですね。

 

切れ痔や裂け痔で何が辛いのかというと、痛みが激しいというところ。

痛みを感じる神経が発達しているためともされています。肛門上皮の神経が脊髄神経と関係が深いからなんだとか。

固いウンチを出す時に痛いと思った瞬間、肛門括約筋が収縮して痙攣を起こして、切れたところからさらに何度も擦れたりするので、痛みがあとをひきます。

これってかなりつらい状況。

この痛み外野で、ウンチをしにトイレに行くのがいやになってしまうなんてことも。なかなか頻繁に行けずに我慢してしまうということなんですね。これをやってしまうと、だんだん切れ痔が悪化していきます。

そして、便秘になってしまい、便が水分をどんどんと吸収されてしまって、余計にウンチが硬くなってしまうという負のスパイラルに陥ってしまうことも十分にありえるわけです。

治りかけていたとしてもこの固いウンチで肛門に傷をつけてしまって、またダメになるなんてことも。

 

 

カテゴリー: 症状