外痔核の症状はどんなもの?

豆粒大のしこりが校門上皮にできたことはありませんか?

便秘をして、硬い便を無理くりだそうとしていきんだりすると特に。

 

他に、重いものを持ち上げようとしたり、ゴルフをしていたりしたときに急に腹筋に力を入れて、腹圧をかけると肛門に激しい痛みを起こすことはありませんか?

 

外痔核は肛門をクッションにように囲んでいる動静脈叢(どうじょうみゃくそう)というものにできる血栓性動静脈炎で、血の塊である血栓が原因で炎症が起こる病気なのです。

 

外痔核ができる場所は、市場線より外側にあって、肛門上皮にあり、皮膚と同じ組織で体性神経が優位に働いているため、激しい痛みが走るケースがほとんどです。そしてさらに、血栓が肛門括約筋でギュッと締め付けられたりすると、その痛みは倍増するのです。

 

対策としては、食物繊維が豊富なものを、積極的に食べて、便をやわらかくしましょう。

消炎薬などを投与すれば、だいたい5-7日で痛みが和らいできて、1ヶ月ほどで腫れもひくようになるでしょう。

 

手術対象としては、確率は低いのでほぼないと言えるのですが、痛みが強かったり、腫れが大きかったりする場合は、切り開いて血栓を切除する場合もあります。

 

1.排便などに関係なく出血して、腫れてきて痛む。

2.突然お知りが痛くなったり、肛門の出口にイボができる。

といった症状だと外痔核の疑いがあります。

カテゴリー: 症状