痔になりやすいスポーツもあります。

特に痔になっている人にはおすすめできないのは、お腹に力を瞬間的に入れて肛門を締め付ける運動をするものです。

 

それはゴルフ。これはクラブを握ってボールを打つ瞬間を想像してみてください。お尻にはギュッと力を入れて、踏ん張る感じがしませんか。これによって、肛門がうっ血してよくないです。あとはサイクリングや乗馬もサドルや鞍にまたがって両足で体の上下運動を支えるのでお尻に力が入ります。これも締め付けたりするので痔の人には注意が必要です。

ゴルフをする人は、次の項目に注意しましょう。

  1. 前日はよく眠る
  2. 当日は早起きしてゆとりを持って自宅で排便
  3. ゴルフ場までは長時間車の運転をしないようにし、交代が可能であれば、交代してもらうようにする。
  4. 就職時はビールなどのアルコール類は避ける

野球やサッカーでは、しゃがんだり体を低く構える時にお尻に大きな負担がかかりますので、キャッチャーやゴールキーパーは、注意が必要です。

スキー、スケートそして釣りも、お尻が冷えてしまうので、痔によくないとされています。

体が冷えてしまわないように温かいウエアを重ね着したり、カイロを準備して冷えやうっ血を防ぐ工夫が必要です。

 

まとめ

スポーツをしてはいけないというわけではないのですが、お尻に注意して、痔を防ぐようにする必要があるということです。

どうしても体が冷えてしまいそうな場合は、体を温めるなりしてケアしていきましょう。

何もしなかった場合と、温めた場合の違いを知るのも習慣づけるためのヒントになるかもしれません。

 

カテゴリー: 予防

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です