座禅とか瞑想をすると病気が治る言う話は本当なのでしょうか。

最近ではマインドフルネスが非常にブームとなっていますが、本当のところはどうなのでしょう?

明治初期の高僧は座禅で結核を治したという話があります。

しかし、いくらなんでもすぐには治らないでしょう。辛抱強く、毎日毎日それを繰り返していく習慣が必要なのではないかと考えます。

座禅は初心者が行うには、数字を1から9まで数えて、頭の中を空っぽにすること、といわれています。座禅のベースは、何も考えない手、頭を空っぽにするということ。

空っぽにすることによって、感情、自律神経、免疫力を支配する間脳の働きが高まり免疫力が回復するとされています。

自然治癒力を高めるためのキーポイントは、自信が持っている気持ちや意識、精神になります。

お医者さんに「あなたはAという病気です」と宣告されたら、Aが深刻な病気ということがわかったら反応は様々です。落ち込んだり、凹んだり、開き直ったり。

またはこれまで行きてきた中での悪病の報いだと、これはその罪なんだ、と思ったりする人と様々ですが、どれも正解じゃないんですね。

不安から来る病状悪化してくることを憂いだり、悩んだりして、秒J気自信を自分自身のせいだと言うマイナス思考なんですね。

しかも相応もう事によって、免疫力が低下してしまうおそれがあるんです。

浣腸の体験談

カテゴリー: 自分で治す