痔は生活習慣病の一つです。
自分J心で治す方向へ持っていくkとオモできるはず。

原因としては、ストレスや不摂生があります。
自然治癒力が高まると痔は治るとされています。
恥ずかしくないという気持ちが大事です。そして痛くありません。

■結局、痔の診察ははずかしいものなのか?
肛門科をなかなか受診しない理由というのは様々あるそうです。
1.やっぱりはずかしい
2.手術が怖い

とされているそう。
しかも恥ずかしいというのは、お尻を出すのが恥ずかしい、というのと、自分が痔であることを他人に知られるということ。

この辺は慣れです。しょうがないという気持ちが大事。当たり前といえば当たり前なのですが。

お尻を出すと行っても完全に出すわけじゃなくて、ちょっと判決程度にずらすだけです。

いろいろと気を使っている病院もあって、プライバシーを守ってくれるところもあります。
通院する時は事前に確認しておいてもいいかもしれません。

待合室は小さいかどうかとか、呼び出しは名前なのかとか。

そういった患者の内部まで気を使ってくれる病院だと通いやすいです。

■すぐに切るのか?手術するのか?
ある意味先入観という感じなのですが、痔は生活習慣病の一つとして考えられていくようになってきて、治療にあたっても生活指導とか、投薬が中心となってきているんですね。
なので、手術の可能性というのは極力減ってきているとも言えます。

痔で手術になる事例はドイツ、イギリス、アメリカで10%を切っています。

 

いぼ痔についての体験談

カテゴリー: 治療

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です